« スカイツリーにのぼってみよう | トップページ | 鬼怒川温泉2日目 »

2012年6月 3日 (日)

鬼怒川温泉1日目

6月2日 東京スカイツリー駅から鬼怒川温泉へGO!
Dsc01299

さっき買い込んだお弁当と手羽先、賞味期限間近で200円だったスモークサーモンです。あと、車内で買った生ビール。生ビールはビュッフェに買いに行かないと手に入らないんですがスペーシアのビュッフェには焼きそば、たこ焼き、フライドチキン、フライドポテトと酒飲み用のメニューが並んでました。
Dsc01302Dsc01303

2時間ほどで鬼怒川に到着。
駅前で鬼怒太くんが迎えてくれます。
Dsc01305


バスでホテルに向かいチェックイン。ビールも入っていい気持ちになってしまったのでこのまま寝てしまいたいと思ったんですが雨も降る気配なしなので「龍王峡」に行くことに。もう、バスもないとのことだったのでタクシーを呼んでもらいました。
入り口から少し入ると、いきなり果てしない階段。下をみるとかなり下に川が見えます。とりあえず「虹見の滝」まで行こうということになり階段を下りるが、「これ帰り登るんだよね~」とかなり不安。
Dsc01308

途中、小さな神社にお参りし15分ほどで「虹見の橋」に到着。橋から写した「虹見の滝」です。虹見えなかったけどね。かーさんの拙い写真ではよく分からないのですが川の水がエメラルドグリーンで本当に綺麗です。
Dsc01316

この後、さんざん迷った挙句2時間ほどで行って来れると言う「むささび橋巡回ハイキングコース」に出発。歩き始めてすぐに二人ずれの初老のご婦人(こっちもか!)にあって「がんばって行ってきてください」と言われました。なんと、途中ところどころに板で道が整備されているのですが、樹木の根がむき出しの場所だったり、どこを行けばいいの?というような岩をのぼらなければならないところだったり、かなりハードなコースでした。

なんだかずいぶん歩いたと思ったけれど15分程度で底なし沼に到着。この辺にくると蛙の鳴き声が聞こえてきます。沼の看板を見ると「モリアオガエル」の生息地となっていました。よく見ると...卵です。声は聞こえるのですが親の姿は確認できませんでした。
Dsc01322_2

底なし沼の対岸の滝です。
Dsc01333
もうひとつ看板に書かれていた「ヒメアヤメ」だと思われるちょっと小ぶりの花が満開でした。
Dsc01340

底なし沼から10分ほどでむささび橋到着。
遠くにさっき渡ってきた虹見の橋が見えます(どこやねん?拡大して見てね)。
Dsc01345

橋を渡って対岸を戻ります。歩き出してすぐにミズバショウの群生地に出ましたが時期が遅く花は終わってしまっていました。こちらの道は比較的歩きやすく25分ほどで野岩鉄道「龍王峡駅」が眼下に見えてきました。タクシーの運転手さんに1時間に1本しかないから気をつけてと言われていたのにこの時点で電車の時間までに3分ほどしかなくどうやら駅は見えていても線路を回り込まないと行けないらしい。がんばって駅に到着したころには17:01発の電車は行ってしまった後でした。一応ホテルで時刻表は調べてもらっていたんですがうまく行きませんね。だってどこくらい急いだら駅に着くか直前まで分からなかったんですもの。
行きにあんなに下がった階段は?むささび橋に行くまでに緩やかに登っていたらしい。

次の電車はめずらしく1時間に2本ある時間帯だったので17:42発。ぶらぶら待つことにしました。野岩鉄道は次の新藤原が終点でその後は東武鉄道に乗り入れています。かーさんたちが乗った電車は浅草行きでした。龍王峡駅のホームは改札から階段でかなり下がったところにありトンネルの中にベンチがありました。さっき道の上から見えたのは駅舎ではなくホームだったんです。
Dsc01360Dsc01361

無事電車に乗り、鬼怒川温泉駅のひとつ手前の鬼怒川公園駅で降りて歩きます。
今夜のお宿鬼怒川温泉ホテルの近くには、鬼怒子ちゃんがいました。
ここ足湯なのでちょっと寄って行きたかったんですが夕食を6時半に予約していたためあきらめてまっすぐホテルへ。
Dsc01371

食事はバイキングでしたが、かなりバラエティに富んでいて目は全部食べたいのに食べきれない状態。おいしくいただいてお風呂に入って爆睡でした。


|

« スカイツリーにのぼってみよう | トップページ | 鬼怒川温泉2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30702/45597773

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼怒川温泉1日目:

« スカイツリーにのぼってみよう | トップページ | 鬼怒川温泉2日目 »